Report…2016

2016-07-23

夏の作品シリーズ3回目はシュバルムの作品を2点紹介します。

 

 

 

同じデザインを白×グレーで作られたのは自宅教室Sさん。そして生成りに薄いオレンジの糸がIさん。
どちらもそれぞれのカルテを確認しましたら(皆さんのカルテつけてますよ~)約1年がかりの大作です。
生地幅140cm分の長いランナー、それぞれのお宅の夏のテーブルで大活躍しているのでは・・・
中央の模様はぐりっと生地をカットして糸を渡しながら模様を作っていきます。
周りのドロンワークはそれぞれ違う手法で・・・豪華な作品です。

 

************************

 

過去にお教室にお通い下さった生徒Oさんから素敵なメールが届き心和みました。
NHK朝のテレビ小説は皆さんご覧になっていらっしゃいますか?
『暮らしの手帖』のお話です。


+++++++++++++++

 

ご無沙汰しています。report毎回楽しみに読ませて頂いています。
本が発刊されてから益々お忙しい様子、色々な方向に道が拓かれ素晴らしい!
遠くからご健康とご活躍お祈りしています。 

今日のNHK日曜美術館は花森安治さんの特集でした。(暮らしの手帖は愛読書です。)
番組の中で取り上げられた言葉をきいて、すぐに先生と教室の皆さんを連想しました。
また力をいただきました。

 

《美しいものは、いつの世でもお金やヒマとは関係がない。
   みがかれた感覚と、まいにちの暮らしへのしっかりした眼と、
      そして絶えず努力する手だけが一番うつくしいものを、いつも作り上げる。》

 

日毎に暑さが厳しくなります。ご自愛下さい。

+++++++++++++++++

 

Oさんありがとうございました。通ってくださっている生徒さん方、訳あって通えなくなってしまった方々
遠くからこのページを楽しみにチェックしてくださっている方々・・・etc
多くの方々に支えられながら同じ趣味の仲間と気持ちを分かち合える・・・
とても素敵な仕事をしている・・・と実感します。
恥じない様明日への努力を続けてまいります。